TOP > 樹勢調査報告

樹勢調査報告書 年度別

《樹勢調査報告2016年度》
樹勢調査結果 速報
第1ブロック樹勢調査データ記録表
第2ブロック樹勢調査データ記録表
第3ブロック樹勢調査データ記録表
第4ブロック樹勢調査データ記録表
第5ブロック樹勢調査データ記録表

本年も、平成14年(2002年)に第1回目の調査を実施して以来15回目になる、名勝小金井桜の 毎木樹勢調査を実施しました。 今回も予算の関係から、ここ数年ご協力をいただいてきた東京樹木医プロジェクト(PJ)の 先生方の参加は得ずに桜の会会員のみで、昨年と同様の 調査方法で盛夏の7~8月にかけ、ブロック毎に実施しました。

《樹勢調査報告2015年度》
樹勢調査結果 速報
第1ブロック樹勢調査データ記録表
第2ブロック樹勢調査データ記録表
第3ブロック樹勢調査データ記録表
第4ブロック樹勢調査データ記録表
第5ブロック樹勢調査データ記録表

名勝小金井桜の毎木樹勢調査(対象704本)を、今回は予算の関係もあり、ここ数年協力を頂いてきた医 東京樹木プロジェクトの先生方の参加は得ずに、桜の会の会員のみで昨年と同様 の調査方法でブロック ごとに実施しました。参加者は17名でした。 今年は2月に関野橋下流に18本の桜の会は育てたヤマザクラ苗木が植樹され、元気に育っている様子が 確認されましたが、一方で新たに7本の枯死木が確認(+不明1本)され、昨年の15本より減少はしましたが 桜並木全体の衰退は継続している状態です。

《樹勢調査報告2014年度》
樹勢調査結果 速報
2014年樹勢調査(全5ブロック)データ記録表

本年も東京樹木医プロジェクト(PJ)の協力を得て、名勝小金井桜の毎木樹勢調査を盛夏の8月9日に実施しまた。 詳細な調査データは近日中に会のホームペジに掲載されますが、ここに概要を速報版として纏めましたので、全会員に配布いたします。 ご参照ください。今回も新たに16本の枯死木が確認 され桜並木全体の衰退は継続しており、象徴的な出来事として毎年春開花標本木であった小金井橋袂の No864の桜樹が、残念ながら 枯死・伐採されました。 なお9月の例会で打合せましたように、今後調査の詳細な報告書ついては数年おき(3~5年毎)の間隔で発行することを基本方針しま、 本年はこの速報”をもって調査報告とします。

《樹勢調査報告2013年度》
第1ブロック樹勢調査データ記録表
第2ブロック樹勢調査データ記録表
第3ブロック樹勢調査データ記録表
第4ブロック樹勢調査データ記録表
第5ブロック樹勢調査データ記録表

第12次 樹勢調査報告書

第12次 樹勢調査報告書は2013年に発行されました。99頁の冊子になっております。ここにはpdfで掲載しております。